インフルエンザ予防接種情報

インフルエンザの予防接種は流行する前に打っておくことで、インフルエンザに感染しても症状の重症化を防ぐことができます。色々な予防接種がありますが感染の重症化を防ぐためにも事前に打たれることをお勧めします。

インフルエンザ予防接種情報

インフルエンザの予防接種の時期

インフルエンザの予防接種を受けたいという気持ちはあっても、一体いつ受けたら良いのかが分からなくて、結局受けるのに適した時期を逃してしまうという人は結構多いものです。インフルエンザの予防接種は接種を受けるのに適した時期というものがあり、その時期を逃して接種を受けたとしても、なかなか思うような効果は得られないものなのです。だからこそ接種に適した時期を毎年逃さずに、しっかりと計画的に予防接種を受けるようにしていかなければいけません。しかしもちろん最適な時期を逃してしまった場合でも全く予防接種の効果がなくなるというわけでもありませんので、必要だと自分が思ったのならば、随時接種を受けるようにしていけば良いのです。
インフルエンザが流行する時期というのは毎年当然微妙に異なってくるものですが、大体例年11月から翌年の3月にかけて流行することが多いと言われています。そしてインフルエンザ予防接種のワクチンの効果持続期間は、大体4か月から5か月程だと言われています。なのでインフルエンザが流行する時期から逆算して、予防接種を受ける時期を決めていけば良いというわけなのです。
例えばとにかくインフルエンザが流行している期間は全て免疫を備えた状態にしておきたいと思っているならば、10月に入って中旬になったらすぐに予防接種を受けるようにしたら良いのです。10月中旬に予防接種を受けたならば、インフルエンザを予防することが出来る成分が、11月から翌年3月までインフルエンザにならないようにカバーをしてくれます。もちろん忙しくてなかなか思うように接種に行けないという人もいますが、その場合でもなるべく早く接種を受けることが大切なのです。

予防接種で気をつけること

予防接種を計画的に受けることで、色々な病気から身を守ることが出来ます。なので忙しい合間を縫って、積極的に受けるようにしていくべきなのです。しかし予防接種を受ける際には、色々と気を付けなければいけない点というのも沢山あるものであり、ただ闇雲に予防接種を受ければそれで良いというわけではないのです。
まず予防接種の種類によって、接種間隔が定められているものが多くあります。特に乳幼児が受けるものに関してはその傾向にあります。例えば第一回目の接種と次の接種との間に2週間の日々を設けなければいけない等の制限があることが多いのです。なので自分でしっかりと手帳に書き込む等して、しっかりと接種すべき日にちについて、スケジュール管理をしていきましょう。
それから人によっては忙しくてなかなか病院に行くことが出来ないから、まとめて複数の予防接種を受けたいと考えていることもあるものです。一般的には複数の病気を予防する為に沢山の接種を一日で受けても問題はないとされていますが、気を付けなければいけない点があります。それは、予防接種を受けるべき腕を左右のどちらかに固定しないということです。例えば一日に4本も5本も接種を受けるのに、全て右腕に打つのはかなり辛いと感じてしまうでしょう。特に乳幼児の場合はその傾向にあります。なので右と左の腕に交互に打つ等して対策をとる必要があります。もちろん普通は接種を受ける者が気にしていなくても、病院の医師等が気を使ってくれるものです。しかし念の為自分自身でもしっかりとどこの腕に打つのかをチェックしておきましょう。予防接種を受ける際には色々な注意点もあるものですが、しっかりと守って健康な身体を作っていきましょう。

予防接種の副作用

予防接種を受けることで、色々な病気を予防することが出来ます。特に毎年流行する病気を予防する為の予防接種については、必ず受けに行く必要があると言えるでしょう。しかし一方で様々な理由から、予防接種を受けることを躊躇している人というのも、沢山いるものです。特に多いのがお金がないという理由です。今は経済的に不景気となっていますので、数千円という費用が必要になってくる予防接種を受けたくないという気持ちも分かるというものです。しかし接種を受けずに万が一病気になってしまったとしたら、結局治療費や通院費等で、接種を素直に受けた場合以上のお金がかかってきてしまうことになるのです。なので安心をお金で買うのだと思って、しっかり受けていく必要があります。
それから予防接種を受けることによって副作用が出てしまうという人も、世の中には沢山います。副作用の症状に苦しむのが嫌だから、予防接種を受けたくないという人は非常に多いものです。例えば注射を打つと必ず熱を出してしまうという人は多いものです。特に乳幼児が受ける接種の場合、熱の副作用が出ることは多いものです。しかし副作用が出るということは、ある意味で薬が効いているということなのです。なので副作用を恐れて接種を受けないことは、あまりにも勿体ないことなのです。もちろん副作用が重篤な場合は、接種を受けない方が良い場合もあります。しかしその場合は医者が接種を受けるべきかどうかを判断しますので、素人が判断すべきことではありません。世間一般的なごくごく軽い副作用が現れるのみならば、頑張って予防接種を受けるようにした方が良いのです。予防接種を受けることで、色々な病気を防ぐことが出来るからです。
▼おすすめ通販サイト
インフルエンザ薬はネットで買おう!
タミフルにはジェネリックもある