インフルエンザの予防接種は流行する前に打っておくことで、インフルエンザに感染しても症状の重症化を防ぐことができます。色々な予防接種がありますが感染の重症化を防ぐためにも事前に打たれることをお勧めします。

カモに共生するウイルスに予防接種と治療と湿度の関係

さまざまな症状を引き起こすインフルエンザは、ウイルスが原因で起こります。インフルエンザウイルスはもともと、カモなどの水鳥の腸内に共生していたとされています。それらのカモが渡りをする際にニワトリやアヒルなどと接触して、インフルエンザが伝わっていったと言われています。基本的にカモを含め鳥の間で感染するウイルスですが、実際に人間に感染した例もあることからたいへん懸念されています。特に最近では、鳥インフルエンザから、人間に感染する新型のインフルエンザが出現するのではないかと心配されています。
このようなインフルエンザにかからないようにするためには、早めに予防接種を受けることが非常に大切です。もちろん予防接種を受けたからといって、百パーセントの確率で感染を防ぐことはできないでしょう。それでも普通の健康な成人であれば、少なくとも七十パーセントから九十パーセントほどの確率で感染を防ぐことができるという報告があります。予防接種を受けるのに最善の時期は11月頃とされています。一般にインフルエンザが流行するのは、湿度や気温が低くなる冬の時期であるからです。この時期に予防接種を受けると同時に、生活の色々な面で注意を払うことができるでしょう。
予防接種を受けたのに感染してしまうということもあります。その際には、できるだけ安静にして治療に心がけたいものです。インフルエンザウイルスの活動と湿度の関係はよく知られていることです。ウイルスが活発に活動したり感染したりすることを防止するためには、部屋の湿度を五十パーセントから六十パーセントくらいに保つことが提案されています。加湿器などを上手に使って、適度な湿度を保つようにしましょう。