インフルエンザの予防接種は流行する前に打っておくことで、インフルエンザに感染しても症状の重症化を防ぐことができます。色々な予防接種がありますが感染の重症化を防ぐためにも事前に打たれることをお勧めします。

予防接種後に頭痛の副作用があるとの報告について

予防接種を受けた後に、発熱や頭痛がするなど副作用と思われる報告があることもあります。まずはインフルエンザを例にします。インフルエンザの予防接種ではウィルスの毒性を弱めたワクチンを注射し、摂取します。そうすることで体内にウィルスを取り込み、摂取したウィルスに対して抵抗力を付け、インフルエンザにかからない様に、もしくは感染して症状が出ても、症状自体は軽く済むようにするのです。しかし健康な体に、毒性が弱まったとはいえインフルエンザウィルスを強制的に注入するので、身体が拒否反応を起こす可能性もあります。注射した部分が赤くなったり腫れたりする他、発熱や頭痛などの副作用が出たとの報告を受けることもあるのです。そのため問診の際に体調がすぐれないと診断されたら、頭痛に限らず副作用や思わぬ反応が出る可能性もあるので、医師の判断で予防接種を中断することもあります。これはインフルエンザ特有の事例ではなく、他の予防接種でも同様のことが言えます。例えば子どもも行う日本脳炎や風疹、麻疹などの予防接種でも頭痛が副作用として挙げられています。いずれも予防接種を受ける日の体調や、1か月以内に病気にかかっていないかのチェックがあります。また摂取後30分は院内、もしくは連絡の直ぐとれる場所で待機し、様子を見て何事もなければ帰宅するのですが、予防接種後に時間が経ってから副作用の反応が出たとの報告もあるので、特に小さい子どもや高齢者の様子には気を付ける必要があります。時間と共に痛みが和らいだり、発熱も治まるようでしたら様子を見ても良いかもしれませんが、少しでも気になることがあるなら、医師に相談する方が良いです。自己判断で決めるよりも、医師というプロの判断に任せることが最も安全な判断と言えるでしょう。予防接種にも頭痛の様な副作用が起こる可能性がある、といことは頭の片隅に置いておく必要があります。